資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

車

車

車

空 満

エイブルパーキング

三井のリパーク

タイムズ24株式会社

3選

資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

毎月確実に安定収入を得られる駐車場経営とは?

資金0円で始める駐車場経営で儲けるサイト近年、低リスクで確実に安定収入が得られる駐車場経営として注目されている、コインパーキング経営
以下のようなメリットから、コインパーキングで駐車場経営を手がけるオーナーさんは年々増えているとのこと。

資金0円~の低予算で始められる
一括貸付の経営サポート会社に依頼すれば毎月定額の収入が得られる
狭小地や変形地でもコインパーキングにできる
契約から数週間でスピーディに始められる etc…

当サイトでは、駐車場経営に興味をお持ちの方に向けて、コインパーキング経営で儲ける仕組みを詳しく解説。おすすめの経営サポート会社情報もまとめています。

駐車場経営(コインパーキング)のサポート会社おすすめ5選

まずは、コインパーキング経営のサポートで頼れる会社をピックアップ。
「相談の対応力」、「信頼度」、「その他の特徴」を比べてみました。

相談の対応力 契約前の相談から契約後のサポートまで、同じ担当者が一貫して対応。相談時には、オーナーの目線に立ってコインパーキング経営の提案をしてくれる。提案力には評判。
契約後も、オーナーの事情を把握している担当者がサポートしてくれるため安心感がある。
信頼度 親会社のエイブルは不動産賃貸業での知名度が高く信頼感がある。エイブルパーキングのコインパーキング経営実績も豊富。

不動産業のエイブルグループが運営。土地活用に強みを持っています。「コインパーキングを運営して将来的にマンションを建てたい」「変形した土地をアスファルト舗装をして数台止められるコインパーキングにしたい」「以前経営していたコインパーキングのシステムをリニューアルしたい」など、土地活用の方法はさまざま。清掃メンテナンスをはじめ、利用者からの問い合わせ・クレーム対応なども一貫して任せられます。車だけでなく、立地の良さ・広さを考慮し、駐輪場にリニューアルした事例もあります。営業スタッフには相続士の資格所持者が在籍しているので、将来的な相続についても相談可能。初期費用不要、ノーリスクでコインパーキングを運営できます。 

相談の対応力 豊富な運用実績と先端的管理システムでオーナーをサポート。
信頼度 三井不動産のグループ企業が運営しており、全国でコインパーキングの運営実績がある。

三井不動産グループが運営。幅広い事業展開をしていることから、あらゆる視点でさまざまな土地活用方法を提案してくれます。不動産業者と土地活用希望者の仲介サポートサービスが充実しているため、長期的な土地活用・運用をしたい人にオススメです。コインパーキングはもちろん、施設型・月極型など、土地オーナーのニーズに合わせた活用を実現。運用が難しい地形でも、事業リスクの少ない土地活用方法を提案してくれることも、魅力の1つです。
全国的にコインパーキングとしての知名度が高く、三井のリパークを探して利用するユーザー多いため、安定した集客を実現。三井グループならではの情報分析力・徹底した管理力による売り上げアップも期待できます。

相談の対応力 小規模から大規模、さらに公共施設など幅広い駐車場運営に対応。全国の駐車場をオンライン化した分析データを提案につなげている。
信頼度 コインパーキングで長年の実績をもつ。

コインパーキングの中でも、約20年の実績をもつタイムズ。情報ネットワークシステムを強化することで、駐車場管理の効率化を実現。さらに稼働状況や入出庫のデータを分析し、駐車場をオンライン化することで、利用者に空車情報を提供します。空車が多い駐車場は、料金形態やサービスを改善するなどをして対応。利用者・土地活用者のどちらも満足できるコインパーキングを運営しています。パークロック式・ゲート式・機械式・自走式など、コインパーキング形態もバリエーション豊富。小規模から大規模まで対応できるため、さまざまな場所でコインパーキングの運営が可能です。土地の大きさによってベストな活用法を提案してくれるのも魅力です。

相談の対応力 狭小地や変形地も含めて、立地に合わせた提案と施工が評判。
信頼度 NTTグループ企業が運営。全国にコインパーキングの運営実績あり。

NTTグループが運営。土地活用のスペシャリストによるノウハウを生かした提案力の高さも定評。土地の大きさに合わせて、チケット式やゲート式など最適なコインパーキングの運用ができます。ロックレス式で車を停めやすく、ナンバー認識ポールで車を管理するため、故障トラブルの激減を実現。さらに、ネットワークカメラの監視システム・駐車場映像のライブ配信を使用した、信頼性の高いICセキュリティ技術の高さも注目されています。集客力をアップするためのキャッシュレス清算、駐車証付帯設備も充実。IT精算機を導入し、電子マネーやクレジットカード決済に対応しているため、利便性の高さも魅力的です。アパート・ビルの施工管理にも対応しているため、将来性のあるコインパーキング運営に期待。

相談の対応力 基本的に大型プロジェクトが多く、毎日清掃を実施するなどメンテナンスが充実。
信頼度

全国にコインパーキングの運営実績あり、設計も運営も社内でしっかり対応。

日本パーキング株式会社が運営。契約からコインパーキングオープンまでの所要時間は、約2~4週間程度とスピーディー。短期〜長期賃借とさまざまな形態に対応しています。開発前の土地を一時的に駐車場にして収入を得るなど、土地活用者のニーズに合わせたコインパーキング運営が可能です。解約するときは、機材を撤去し更地に戻してから返却してくれるため、次の土地活用に問題なく使えます。コインパーキングに不向きな立地・形でも周辺施設の状況をリサーチし、適切な運営方法を提案してくれるのも魅力的。業界の中でも料金体系が豊富で、最大料金の設定をはじめ、出入り自由サービスも展開。毎日清掃を行うメンテナンスシステムも充実しています。

その他の駐車場経営業者

相談の対応力 収益があげられるような運営・駐車場導線を分析した上でコインパーキングを設置。オープン後の管理も一貫して任せられる。
 収支計算から賃料提示をしてくれるため、適正価格で契約ができる。
信頼度  24時間体制セキュリティをはじめ、不正車両の取り締まりを強化。夜間パトロールも実施するなど、安全性が高い。

アパルトマンイクシーズ株式会社が運営。一括借り上げシステムの導入により、設備投資なしで満車状態の稼働率を実現。売り上げに関わらず毎月決まった賃料が支払われることで、安定した収入を得ることができます。建築予定・転売予定などで短期間だけ駐車場にするなど、臨機応変にコインパーキング運営が可能。24時間体制の定期パトロールや、夜間照明を明るくすることで停めやすい駐車場を運営します。広い土地はコインパーキングとレンタルボックスを併用するなど、一つの視点にとらわれず、幅広い提案力を持つことも魅力的。コインパーキング機械のリース契約も可能です。駅前や商業地域の極小スペースでも2台からコインパーキングの運営ができます。

 
相談の対応力  地域性や人・車の流れをしっかりリサーチした上でコインパーキングを設置。不動管理にも強く、提案力の高さにも定評あり。
信頼度  24時間365日体制でサポート。グループ会社の管理体制は万全。現場のトラブル対応やメンテナンス力にも期待できる。

スターツアメニティ株式会社が運営。グループ会社であるエスティーメンテナンスによる万全の管理体制で、コインパーキングを運営します。定期的な現場巡回・地域性にあった料金設定により、サービス促進性を高めます。地域密着型営業で人や車の流れを読み、土地に適したコインパーキングを提供。広さや停めやすさを重視した『ゆうゆうナビパーク』をはじめ、自宅前スペース・建物ピロティ部分を生かしたいなど、土地活用者のニーズに合わせたコインパーキングを運営できます。マンションの賃貸管理など不動産も強いため、あらゆる視点で土地活用法を提案してもらえるのも魅力的。スーパーや病院などの付属駐車場としての取り扱いも多い。

相談の対応力 関西エリアを中心に事業展開。都市部ならではの狭小スペースの運用も可能。らくらく一括借り上げシステムにより、安定した収入が得られる。
信頼度  コインパーキングの管理を一貫して任せられる。防犯にも力を入れている。

ジャパンプロティ株式会社が運営。関西エリアのコインパーキングが主流で、大阪エリアを中心に多く設置されています。都市部に多くある狭小地にも対応。2台でもコインパーキングにすることができます。さらに広い土地の場合、駐車場のレイアウトに工夫をし、1台でも多くの車が停められるように設計します。また『らくらく一括借り上げシステム』を導入することで、常に満車状態の経営を実現。 毎月安定した収入を得られます。すでに月極駐車場として運営している場合でも、契約者への事情説明・解約手続きなどを全て代行してくれるころも魅力的。区画単位の借り上げも可能なため、あいているスペースだけをコインパーキングとして活用もできます。

相談の対応力

社長自らが培ったノウハウを生かした駐車場運営ができる。

駐車場事業以外の有効的な土地活用に関しても相談しやすい。

信頼度  法人向けビジネスカードの導入により、キャッシュレス清算を実現。精算機の防犯対策にも期待。

日本駐車場開発株式会社が運営。社長自らが学生時代に培った実家の駐車場仲介ビジネスのノウハウを事業化した、実績のある会社です。駐車場の一括借り上げをはじめ、時間貸し駐車場・マンスリー定期駐車場の運営など、土地活用者のニーズに合わせて提案してくれます。コインパーキングだけでなく、月極駐車場のリーシングや仲介も可能。時間貸駐車場はポイントがつくチャージ式プリペイドカード『NPD Point Card』を導入したり、楽天ポイントを付与したりするなど、利用者がお得に使える工夫も魅力的。駐車場検索サイト『日本駐車場検索』に掲載することで、リアルタイムで空車情報を発信。効率的に利用者を呼び込めます。土地活用事業のプロフェッショナルとして、さまざまな相談にも対応してくれます。

土地活用において駐車場経営がおすすめな理由

保有している土地の活用方法として、駐車場経営がおすすめといわれるのはなぜでしょうか?その理由に迫っていきたいと思います。

遊休地の有効活用をすることができる

「商業ビルが老朽化などの理由によって解体された」、「お店を経営していたが、閉鎖をして空き地になった」、「そもそも活用できずに長期間放置してしまっている」などの理由によって、遊休地を活用できずにそのままであるという方は非常に多いです。

遊休地は、何もしなくても固定資産税がかかり負担が重いだけではなく、不法投棄などのトラブルの原因にもなってしまいます。有効活用できない理由としては、長期間の契約に縛られたくないということも理由に挙げられるでしょう。

しかし、コインパーキングであれば、初回契約が2年と比較的短期契約であり、一括借り上げであることから、必要な工事や運営もすべて任せることができます。また、解約をしたいと思った場合でも、営業権などの主張をされることがないので、安心して任せることができます。これまで負担にしかならなかった遊休地を、収益を上げることができる土地として生まれ変わらせることができるのです。

「遊休地をコインパーキングにした場合」の実例はコチラ!

月極駐車場からの転用もおすすめ

土地活用をしている方の中には、すでに駐車場経営をしているという方も存在していることでしょう。ただ、月極駐車場の場合は、まだまだ活用できるチャンスがあります。例えば、月極であっても、稼働率が低いと収益を生み出すことができずに損をしてしまうこともあります。もし、稼働率が低い場合は、全面コインパーキングへの転用や、空き区画だけをコインパーキング化させることで、稼働率を改善させることも可能です。

「稼働率が低い月極駐車場を転用した場合」の実例はコチラ!

短期的な空き状況の収益化も

ビル建設や建物工事を行う目的で、土地を購入したものの、融資がなかなかまとまらない、工事の予定が延期となってしまったなどの理由で、一時的に遊休地になってしまうことがあります。そのような状況でも固定資産税は毎年かかってしまうので、短期的にも何か収益を得ることができればと思いますよね。そのようなときには、コインパーキングを経営することで、融資や工事が開始されるまでの短期的な収益化を図ることができます。

「一時的に空いた土地を活用した場合」の実例はコチラ!

狭小地を有効活用できる

遊休地の中には、ほかの用途として転用しづらい狭小地も多く存在しています。2台、もしくは3台程度のスペースがないような狭小地であっても、コインパーキングであれば十分な収益化を得ることができる土地へと変貌させることができます。狭すぎて利用用途がないような土地であっても、まずは気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか?

「使い道がなかった狭小地を利用した場合」の実例はコチラ!

ほかの土地活用との違いは?

遊休地の有効活用として、駐車場経営のほかにも、アパート・マンション経営や戸建て賃貸経営などがあります。それらとはどのような違いがあるのかについて確認していきましょう。

駐車場経営はリスクが低い

駐車場経営は、ほかの土地活用に比べると圧倒的にリスクが低いです。建物を建てるということは、初期投資がかなり必要となります。また、せっかく建設したとしても、目標とする入居者数に達しない恐れもあるでしょう。その場合の負担はすべて土地所有者が負うものですので、リスクがかなり高くなります。

しかし、駐車場経営は、比較的少ない資金ではじめることができます。さらに駐車場は借地借家法の対象外となるため、事前通告をすることで駐車場経営をやめてほかの活用への転換をすることも簡単なのです。

需要の安定性が高い

駐車場経営は、そのほかの土地活用に比べて需要の安定性が高い傾向にあります。駐車場経営の中でも、特にコインパーキングは利用者も比較的多く、一定数の需要を期待することができます。

広さや形状に柔軟性がある

アパート・マンションや戸建賃貸住宅の場合、ある程度の広さが必要であり、整った形状の土地でないと、有効活用することができません。あまりにいびつな土地や、狭小地になってしまうと需要や価値が低くなってしまう恐れがあるからです。一方で、駐車場経営であれば、不整形の土地であっても、駐車場としての広さが確保されていれば、有効的に活用することができます。また、広さのない狭小地であったとしても、コインパーキングであれば2台もしくは3台といった少ない収容台数での運用も可能です。

駐車場経営は収益性が低い

駐車場経営において、マンション・アパート経営や戸建て賃貸経営に比べてデメリットがあるとすると、収益性が低いということです。賃貸経営で得られる賃借料に比べると、どうしても月極駐車場の賃借料やコインパーキングの利用料は低くなる傾向があります。ただし、大きな収入を望むことができないものの、ここまで紹介してきた違いを鑑みると、収益性が低いというデメリットをカバーすることができるメリットが非常に多いです。遊休地の土地活用を検討しているのであれば、これらの違いを把握したうえで検討をするようにしましょう。

コインパーキングと月極駐車場のどちらを選ぶべき?

小口投資として駐車場経営をすると考えた時に、コインパーキングを経営するか、月極駐車場を経営するか、という2つの選択肢が現れることになります。

この両者にはそれぞれメリットとデメリットがあり、個人や土地の状況にもよるので、どちらが良いとは一概には言えません。ですが、両者の違いをしっかりと確認していけば、どちらが自分の資産運用法としてより適しているのかということが見えてきます。

コインパーキングと月極駐車場の違いについて

  コインパーキング 月極駐車場
初期投資 業者に依頼すればゼロ ほとんど必要ない
土地の状態 狭小地、変形地でも可能 狭すぎると活用できない
舗装の必要性 舗装が必要 砂砂利の土地でも可能
収益 一括借上げで一定で得られる 契約状況によって高いが上限あり
安定性 比較的安定している 契約がなければ収入はゼロ

コインパーキングでは、業者に依頼すれば負担なく始めることができ、狭い土地、変形した土地でもすぐに運営が可能。更に、毎月一定の利益が得られて利回りが安定しています。ただし、土地には舗装が必要です。

月極駐車場は、舗装をしていない土地でも活用可能で、初期投資もほとんど必要ありませんが、狭い土地や変形した土地では、利用者に敬遠されるという特徴があります。収入は契約状況により、全ての場所で契約があれば、コインパーキングよりも高くなるものの、埋まらなければ収入は得られません。

コインパーキングを経営するべきケース

コインパーキングと月極駐車場を比較してみると、どちらを選んだ方が良いかという選択は、持っている土地の状態と利回りを重視するべきだということがわかります。コインパーキングを経営するべきだと考えられるケースは、次のような場合です。

  • 持っている土地の形が歪である
  • 持っている土地が極端に狭い
  • 既に土地が舗装されている
  • 安定した資産運用を希望している

この4つの条件に全て当てはまるようであれば、コインパーキングが最適です。

月極駐車場と比較して、コインパーキングは利回りが安定していることが特徴的。コインパーキングは利用者がなければ収益がゼロなのでは、と考えてしまいがちですが、業者を利用した一括借り上げであれば、毎月安定した収益を得ることができます。

自営の月極駐車場のように、契約者が現れないというリスクもなく、無断駐車などのトラブルによる苦情に悩まされる心配もありません。

また、月極駐車場としては使いにくい土地を持っている場合も、コインパーキングなら上手く活用することができるので、土地の状態も大きく関わってくるでしょう。

月極駐車場を経営するべきケース

月極駐車場を経営するべきケースは、次のような条件が揃っている方です。コインパーキングを経営するべきケースと全くの逆パターンとなりますが、最もポイントとなるのは、やはり利回りでしょう。

  • 持っている土地にある程度広さがある
  • 持っている土地の形が整っている
  • 舗装されていない空き地がある
  • 少しでも利回りを良くしたい

月極駐車場に向いている土地の形状なども条件として挙げていますが、広く整った土地を持っている場合でも、コインパーキングとして運用することや、その他の土地活用法を利用することは可能です。

舗装されていない土地である場合、コインパーキングとして利用しようとすると舗装費用が必要になりますが、狭いコインパーキングよりも、広いコインパーキングの方が集客できる確率は高まると考えられます。

そのため、空きが出て収益が得られないというリスクがあったとしても、コインパーキングの一括借り上げ契約よりも高い利益を出したい方は、月極駐車場をするべきだという結果に落ち着きます。

駐車場経営をするときの注意点とは?

コインパーキングを経営して利益を挙げていくためには、当然ながら注意しなければならないポイントもあります。「せっかく始めたのになかなか利益が上がらない…」ということにならないためにも、駐車場経営を始める前に注意点について抑えておきましょう。

駐車場に適した形態と立地を選ぶこと

駐車場の形態と立地には深い関係性があります。例えば、住宅街で経営をするには月極駐車場のほうが適しており、店舗の多い商業地域で経営をする場合にはコインパーキングが適しているでしょう。住宅街でコインパーキング経営を始めても、利用してくれる人は限られます。

また、総合病院やデパートなど「駐車場がない人気施設」があるエリアであれば、コインパーキングも需要は確実に高まります。徒歩や電車で移動する方が多い地域では、車で行かなければならない施設が近くにあれば、コインパーキングの稼働率は上がるでしょう。

周辺の相場のチェックを定期的に行う

コインパーキングで順調に利益を上げられていても、近隣に安い料金設定のコインパーキングができた途端に一気に稼働率が下がってしまうことがあります。稼働率が悪くなるということはダイレクトに収入に影響を与えるため、周辺の相場のチェックは定期的に行いましょう。

近隣に新しいコインパーキングができていないか見回る、コインパーキングができたら必ず料金をチェックするなど、周辺環境に気を配ることが収益を安定させる秘訣です。ただし、駐車場経営のサポート会社に管理を依頼すれば、相場のチェックなどもすべて行ってくれるでしょう。

実質利回りで収益を計算する

コインパーキングの経営を始めるときに、「満車状態が○時間続けば○円の収益」と考えてしまうことがあります。ですが、実際にはコインパーキングで得られた分が収益になるわけではありません。コインパーキングの収益を算出する場合には、経費などを差し引いた実質利回りで計算しなければなりません。

また、実質利回りで計算することに加えて、収益はなるべく控えめに算出したほうが良いでしょう。「常に満車状態」で収益を算出したとしても、実際に経営を始めてみると、全体の6割程度しか埋まらないという可能性もあります。

1日に1時間、1台分が空車になると仮定すると、1ヶ月の収益にはかなりの差が生じてきます。収益は少し厳し目に算出して、経費も含めて考えるべきです。

駐車場経営のサポート会社でいちおしなのは…

ここでピックアップしたコインパーキングでの駐車場経営サポート会社の中で、当サイトがいちおしするのはエイブルパーキング。その理由を説明しましょう。

相談から契約後のサポートまで同じ担当者が対応してくれる

エイブルパーキングでは、コインパーキングでの駐車場経営を相談したときから、契約後のサポートまで、同じ担当者が対応してくれます

最初の相談時には、こちらの希望をしっかり聞き取ってコインパーキング経営の提案をしてくれます。また、契約後もオーナーの事情を把握している担当者がついていてくれるのは、心強いところです。

オーナーの目線に立った親身な対応、サポートは高く評価されているようです。

エイブルグループの知名度があり信頼感も◎

エイブルパーキングは、不動産賃貸業での知名度が高いエイブルグループの会社。コインパーキングの経営では土地を運営会社が一括借上するため、オーナーとしては信頼できるサポート会社を選びたいところです。

その点、エイブルグループは全国的に知名度が高く、実績も豊富なので信頼感があります

コインパーキングの利用者側から見ても、知名度の高い会社が運営している駐車場であれば、安心して停められるのではないでしょうか。

更にコインパーキング以外の土地活用も相談できます

不動産賃貸業を手がけるエイブルグループのバックアップがあるため、将来的に、コインパーキング以外の土地活用を相談できるのもエイブルパーキングのいいところ。

コインパーキングを運営中に、別の方法で土地活用をしたくなった場合でも、切り替えについて具体的な相談ができます。相続士の資格取得者が営業スタッフに在籍していて、相続対策などについての相談も可能です。

エイブルパーキングの公式サイトでは、コインパーキングによる駐車場経営に関して、より詳しい情報をチェックできます。興味がある方は閲覧してみてはいかがでしょうか。

エイブルパーキングのコインパーキング経営についてもっと詳しく

当サイトで紹介している駐車場経営サポート会社の情報は、2014年5月現在のデータをもとにしています。参考にする場合は、公式サイトなどで必ず最新の情報をご確認ください。

 
資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト