資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

車

車

車

空 満

エイブルパーキング

三井のリパーク

タイムズ24株式会社

3選

資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

HOME » 駐車場経営で儲けるための基礎知識 » コインパーキングとして活用できる土地の種類とは

コインパーキングとして活用できる土地の種類とは

駐車場経営は、実は土地さえあれば想像以上にハードルが低いです。自分で一から経営する場合は相応の知識や準備が必要ですが、土地を貸すだけであれば初期費用や手間がほとんどかからないことが多いです。

そのため、空地として持て余している土地も、利用方法が見つかるまではとりあえずコインパーキングにしておこうという人も少なくありません。そして、たとえ利用期間が短くても契約を解除することが可能なため、コインパーキングは暫定的な土地の活用方法として優れています。

コインパーキングにできる土地の種類

駐車場経営は最も手軽な土地活用方法の1つです。メリットとしては、どのような土地であっても、多くの場合はコインパーキングとして活用することが可能であるという点です。駐車場として利用する元の土地の種類についてご紹介します。

変形地

土地の形はきれいに整ったものだけではなく、角の部分が欠けていたり傾斜していたり活用しにくい場合もあります。しかし、コインパーキングは車を停めるスペースさえあれば運営することが可能なので、土地の形にこだわる必要がありません。なかには、土地が傾いていたり車の並び方が変則的であったりするコインパーキングも存在します。以下のような変形地はすべてコインパーキングとして利用することが可能です。

  • 五角形など変則的な形の土地
  • 細長くて形のバランスが悪い土地
  • 一部が盛り上がって段差や高低差がある土地
  • 傾斜地

土地の形が整っていなくとも、その地形に応じて駐車できるようなスペース作りや配置を行うことにより、駐車場として利用することができます。また変形地であっても立地が良ければ十分な収益が見込める場合があります。

狭小地

駐車場は車1台分の土地の広さから運営することが可能です。他に使い道がないほど狭い土地であっても税金はかかってくるため、狭小地はコインパーキングや自動販売機などを設置して活用する人は多いです。特に、都心部にポツンとある狭小地は車1台分でも思った以上の利益につながる可能性があります。

空地

ちょっとした空地をコインパーキングとして利用することも多いです。土地の活用はある程度の初期費用がかかることが多いですが、土地を貸してコインパーキングとして利用する場合は初期費用も一切かからないため、空地にしておくのはもったいないと漠然と思っている人におすすめです。

建設・解体予定地

建設予定地であっても、すぐに建物を建設する予定がない場合はコインパーキングとして利用することが可能です。開始・撤去に時間がかからないプランなどもあるため、スケジュールが変わっても柔軟に駐車場経営をすることが可能です。

月極駐車場

月極駐車場として利用していた土地をコインパーキングにシフトチェンジする人も少なくありません。月極駐車場は1月分をまとめて支払うため、不払いなどが発生した際のリスクが大きいですが、コインパーキングであればリスクが少なく、安定した収入を見込みやすくなります。また、周りに住宅が少ないエリアの場合もコインパーキングのほうが適しており、一部を月極契約用に残しておくことも可能です。

コインパーキングに向いていない土地

基本的に、コインパーキングに土地の広さや形はあまり影響がありませんが、立地やエリアには注意する必要があります。

たとえば、あまりにも人通りが少ない土地の場合は、コインパーキングにしてもあまり儲からずにむしろ税金のほうが高くなってしまう可能性があります。また、交通規制が激しい道路に面している場合も適した土地とは言えません。

また、当然ですが自動車で入場することが出来ないとそもそも駐車場として活用することができません。土地の分割などによって四隅が囲まれ、行動に面していない旗竿地や袋地などが当てはまります。

駐車場経営は想定より収入が得られないことも少なくないため、需要のあるエリア以外では、暫定的な土地の活用方法として考えるのが無難です。

 
資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト