資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

車

車

車

空 満

エイブルパーキング

三井のリパーク

タイムズ24株式会社

3選

資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

HOME » 駐車場経営で儲けるための基礎知識 » これだけ儲かる!収入モデル

これだけ儲かる!収入モデル

駐車場経営しているオーナーさんの収入はいくらくらいなのか?コインパーキングでの月収、年収例を調査してみました。

実例からわかる駐車場経営による土地オーナーの賃料収入

ここでは土地オーナーがコインパーキングによって賃料収入を得ている実際の事例を4つほど紹介します。

オーナー属性 台数 月額賃料(1台単価) 年間賃料(1台単価)
30代・男性 5台 20万円(4万円) 240万円(48万円)
50代・男性 7台 42万円(6万円) 504万円(72万円)
70代・女性 36台 155万円(約4.3万円) 1,860万円(約51.7万円)
70代・女性 10台 50万円(5万円) 600万円(60万円)

立地環境によって収益性は変わってしまうものの、1台分のスペースでの月額賃料収入は4万~6万円といったあたりがひとつの目安になりそうです。

リスクを負わず安定収入を得られる駐車場経営

上記のモデルケースが高いと感じるか安いと感じるかは個人差があると思いますが、土地貸しでの駐車場経営ならオーナーは費用負担も管理の手間もかからないので、ほぼ不労所得と考えられるのがポイント。
しかも実際の利用者数に依存せず、定額の賃料を手にすることができますし、短期間での収益化も可能です。
初期投資、メンテナンス、集客といった経営努力やリスク要因を考えずに安定収入が得られる駐車場経営は、遊休地月極で空きがある状況なら、中長期的な土地活用はじっくり検討するとして、とりあえずレベルでトライしても損をしないお得なビジネスともいえるでしょう。

より高い収入を得るために考慮すべきポイント

駐車場経営は、参入や撤退が比較的簡単にできる、狭小地でも有効に活用することができるというメリットがあります。さらに、サポート会社に管理を任せることで比較的何もしなくても、ある程度の収入を得ることができるでしょう。ただし、ここでご紹介するポイントを踏まえて駐車場経営を始めることで、より高い収入を得ることができるようになるでしょう。

自分の保有している土地が駐車場に適しているか検討する

狭小地などでも参入しやすいのが駐車場経営のメリットともいえますが、その土地が駐車場に適しているかどうかを、まず確認する必要があります。

  • 道路に面しているか?

駐車場として利用してもらうためには、幅員が4m以上の道路と面している土地が適しているとされています。最低限車が通ることができれば駐車場としては成り立つのかもしれませんが、駐車場に至る道のりが狭い場所では、需要があったとしても避けられてしまいがちになります。また、土地と道路の間に街路樹やガードレール、道路標識や電柱等があることもあります。移設してもらうことができるのかどうかは、役所や警察署、電力会社等との交渉が必要なケースもありますので注意が必要です。

  • 高低差はないか?

道路との高低差がある場合、駐車場の形態によっては、土地の造成が必要なケースがあります。特に、駐車場内に車路がない場合は増勢をしてフラットにする必要があるでしょう。ただし、車路がある場合などはスロープで対応できることもありますので、専門業者に相談するようにしましょう。

駐車場に関する需要を調査する

せっかく駐車場経営を始めたとしても、その場所での駐車場の需要が無ければ収益を出すことができません。最近では、インターネットなどで、駐車場の数がどれくらいあるのか等を簡単に検索することができるようになっています。

  • 稼働状況も確認しておく

実際に所有地の周辺に月極駐車場やコインパーキングが多くある場合は、それらの駐車場の稼働状況を確認しましょう。月極駐車場の場合、その駐車場の管理会社に空状況を確認することで、需要を知ることができます。コインパーキングの場合は、明確な稼働状況を知る術はありませんが、定期的に現地調査をしていくことで、大まかな需要を知ることができるでしょう。

  • 駐車料金の相場を把握しておく

周辺の駐車料金の相場がどれくらいなのかを確認しておきましょう。自分の所有している土地が、非常に便利な土地ならば相場より多少高く、不便な土地ならば相場より多少安くする必要があります。

  • 駐車場の形態を確認する

周辺の駐車場の形態が、平置きなのか?立体なのか?はたまた、砂利敷きかアスファルト敷きかなど、さまざまな形態の駐車場があります。利用者の目線になってみれば、同じ料金の駐車場ならば、砂利敷きの駐車場よりもアスファルトの駐車場に、立体よりも平置きの駐車場に車を停めたいと考えます。利用者のニーズを鑑みて、駐車場設営や料金設定をすることで競合の駐車場との差別化を行うことができます。

月極駐車場かコインパーキングのどちらを経営するか決定する

ここまで所有地周辺の駐車場事情を調査することができれば、おのずと保有地を月極駐車場にするべきか、コインパーキングにするべきかを決定することができるでしょう。

  • 月極駐車場が良い場合

所有地の周辺が、一般的な住宅街であり、商業施設等が少ない場合は、月極駐車場のほうが収益を得る機会が多くなる傾向があります。ただし、周辺住宅の土地がそれぞれ広く、月極駐車場の需要が少ない場合は、来客者用としてコインパーキングにしたほうが、収益が高くなることがあります。

  • コインパーキングのほうが良い場合

周辺に商業施設や大きな公園などの施設がある場合は、時間貸し需要が高くなる傾向があります。そのため、月極駐車場にするよりも、コインパーキングにしたほうが収益も高くなる傾向にあります。

パートナーとなる専門業者の見つけ方

駐車場経営を始める場合、自分自身で募集や管理をするといったこともできますが、特にコインパーキングを経営する際には、パートナーとなる専門業者と一緒に運営をしてくことになるでしょう。ここでは、良い専門業者を見極めるポイントをご紹介します。

  • 効率の良い駐車場区画割りを提案してくれるか

駐車場の確保台数が多ければ多いほど、収益を上げる機会が多くなりますが、狭くなってしまうと、大型車の利用者が使う機会がなくなってしまい、結果として稼働率が低くなる恐れがあります。その土地に適切な区画割りができる業者に依頼をしましょう。

  • すでにある駐車場は綺麗に運営されているか

多くの専門業者は、すでに複数の駐車場の管理運営を行なっています。その駐車場を実際に見に行って、綺麗に保たれているか、雑になっていないかを確認しましょう。どれだけ、専門業者が丁寧に管理しているのかを知ることができます。

  • 月極の場合は仲介手数料を取らない業者か

もし、月極駐車場を経営する場合、利用者の募集に対して、仲介手数料がない、もしくは安い専門業者を選定することで、費用負担を少しでも減らすことができます。

 
資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト