資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

車

車

車

空 満

エイブルパーキング

三井のリパーク

タイムズ24株式会社

3選

資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

HOME » 駐車場経営で儲けるための基礎知識 » これだけ儲かる!収入モデル

これだけ儲かる!収入モデル

駐車場経営しているオーナーさんの収入はいくらくらいなのか?コインパーキングでの月収、年収例を調査してみました。

実例からわかる駐車場経営による土地オーナーの賃料収入

ここでは土地オーナーがコインパーキングによって賃料収入を得ている実際の事例を4つほど紹介します。

オーナー属性 台数 月額賃料(1台単価) 年間賃料(1台単価)
30代・男性 5台 20万円(4万円) 240万円(48万円)
50代・男性 7台 42万円(6万円) 504万円(72万円)
70代・女性 36台 155万円(約4.3万円) 1,860万円(約51.7万円)
70代・女性 10台 50万円(5万円) 600万円(60万円)

立地環境によって収益性は変わってしまうものの、1台分のスペースでの月額賃料収入は4万~6万円といったあたりがひとつの目安になりそうです。

リスクを負わず安定収入を得られる駐車場経営

上記のモデルケースが高いと感じるか安いと感じるかは個人差があると思いますが、土地貸しでの駐車場経営ならオーナーは費用負担も管理の手間もかからないので、ほぼ不労所得と考えられるのがポイント。
しかも実際の利用者数に依存せず、定額の賃料を手にすることができますし、短期間での収益化も可能です。
初期投資、メンテナンス、集客といった経営努力やリスク要因を考えずに安定収入が得られる駐車場経営は、遊休地月極で空きがある状況なら、中長期的な土地活用はじっくり検討するとして、とりあえずレベルでトライしても損をしないお得なビジネスともいえるでしょう。

より高い収入を得るために考慮すべきポイント

駐車場経営は、参入や撤退が比較的簡単にできる、狭小地でも有効に活用することができるというメリットがあります。さらに、サポート会社に管理を任せることで比較的何もしなくても、ある程度の収入を得ることができるでしょう。ただし、ここでご紹介するポイントを踏まえて駐車場経営を始めることで、より高い収入を得ることができるようになるでしょう。

自分の保有している土地が駐車場に適しているか検討する

狭小地などでも参入しやすいのが駐車場経営のメリットともいえますが、その土地が駐車場に適しているかどうかを、まず確認する必要があります。

  • 道路に面しているか?

駐車場として利用してもらうためには、幅員が4m以上の道路と面している土地が適しているとされています。最低限車が通ることができれば駐車場としては成り立つのかもしれませんが、駐車場に至る道のりが狭い場所では、需要があったとしても避けられてしまいがちになります。また、土地と道路の間に街路樹やガードレール、道路標識や電柱等があることもあります。移設してもらうことができるのかどうかは、役所や警察署、電力会社等との交渉が必要なケースもありますので注意が必要です。

  • 高低差はないか?

道路との高低差がある場合、駐車場の形態によっては、土地の造成が必要なケースがあります。特に、駐車場内に車路がない場合は増勢をしてフラットにする必要があるでしょう。ただし、車路がある場合などはスロープで対応できることもありますので、専門業者に相談するようにしましょう。

駐車場に関する需要を調査する

せっかく駐車場経営を始めたとしても、その場所での駐車場の需要が無ければ収益を出すことができません。最近では、インターネットなどで、駐車場の数がどれくらいあるのか等を簡単に検索することができるようになっています。

  • 稼働状況も確認しておく

実際に所有地の周辺に月極駐車場やコインパーキングが多くある場合は、それらの駐車場の稼働状況を確認しましょう。月極駐車場の場合、その駐車場の管理会社に空状況を確認することで、需要を知ることができます。コインパーキングの場合は、明確な稼働状況を知る術はありませんが、定期的に現地調査をしていくことで、大まかな需要を知ることができるでしょう。

  • 駐車料金の相場を把握しておく

周辺の駐車料金の相場がどれくらいなのかを確認しておきましょう。自分の所有している土地が、非常に便利な土地ならば相場より多少高く、不便な土地ならば相場より多少安くする必要があります。

  • 駐車場の形態を確認する

周辺の駐車場の形態が、平置きなのか?立体なのか?はたまた、砂利敷きかアスファルト敷きかなど、さまざまな形態の駐車場があります。利用者の目線になってみれば、同じ料金の駐車場ならば、砂利敷きの駐車場よりもアスファルトの駐車場に、立体よりも平置きの駐車場に車を停めたいと考えます。利用者のニーズを鑑みて、駐車場設営や料金設定をすることで競合の駐車場との差別化を行うことができます。

月極駐車場かコインパーキングのどちらを経営するか決定する

ここまで所有地周辺の駐車場事情を調査することができれば、おのずと保有地を月極駐車場にするべきか、コインパーキングにするべきかを決定することができるでしょう。

  • 月極駐車場が良い場合

所有地の周辺が、一般的な住宅街であり、商業施設等が少ない場合は、月極駐車場のほうが収益を得る機会が多くなる傾向があります。ただし、周辺住宅の土地がそれぞれ広く、月極駐車場の需要が少ない場合は、来客者用としてコインパーキングにしたほうが、収益が高くなることがあります。

  • コインパーキングのほうが良い場合

周辺に商業施設や大きな公園などの施設がある場合は、時間貸し需要が高くなる傾向があります。そのため、月極駐車場にするよりも、コインパーキングにしたほうが収益も高くなる傾向にあります。

初期費用はどのくらい必要?

駐車場やコインパーキングの経営を始める際に必要となるのが「初期費用」です。経営を始めるために必要な資金のことは、具体的に経営について考えるにあたって、最も大切なことと言っても良いでしょう。

  • 月極駐車場の初期費用について

月極駐車場を経営する場合、駐車場の形態によって初期費用の金額は大きく変わります。月極駐車場は、舗装をせず砂利のままの地面で、ロープを張っただけでも成り立つからです。ただし、車の重量に耐えられるだけの地盤にするために、整地を行わなければならない場合もあります。整地費用については、1平方メートル当たり約1,100円が目安となり、舗装をする場合は約100万円の費用が必要となります。

  • コインパーキングの初期費用について

コインパーキングには機器が必要なので、自営の場合は機器の購入費用が約300万円、コンクリート舗装費用が約100万円必要です。コインパーキングは未舗装のままという訳にはいかないので、ほとんどの場合舗装費用が必要となります。コインパーキングサポートの会社を利用する場合は、機器代金や機器設置のための費用、看板設置費用などの初期費用は、全て負担してもらえることも少なくありません。

維持費・ランニングコストについて考慮する

駐車場やコインパーキングの経営を続けるためには、初期費用以外に、維持費やランニングコストが必要です。これらの費用は、経営を続けている以上は継続的に必要となってくるため、収入からダイレクトに差し引かれます。ランニングコストを抜きにして、駐車場経営の収支は計算できません。

  • 月極駐車場のランニングコストについて

月極駐車場に必要なランニングコストは、清掃やクレーム対応などの管理を委託する場合、委託管理料が必要となります。委託管理料の目安は、賃料収入の5%程度と言われています。また、舗装したコンクリートの修繕費用、ロープの張替え、白線の引き直しの費用などが必要です。修繕以外をオーナー自身が行うならば、維持費はコンクリート修繕費用のみとなります。

  • コインパーキングのランニングコストについて

コインパーキング経営に必要となるランニングコストは、機器のメンテナンス費用、電気料金、警備会社に支払う費用、レシートなどの消耗品購入費用などです。これらは駐車できる台数によって変わりますが、1台につき月25,000円ほどが目安となります。また、清掃などを委託する場合は、その委託管理料も必要でしょう。専門のサポート会社を利用して経営を行う場合は、コインパーキングに必要なランニングコストを全て負担してもらえます。

パートナーとなる専門業者の見つけ方

駐車場経営を始める場合、自分自身で募集や管理をするといったこともできますが、特にコインパーキングを経営する際には、パートナーとなる専門業者と一緒に運営をしてくことになるでしょう。ここでは、良い専門業者を見極めるポイントをご紹介します。

  • 効率の良い駐車場区画割りを提案してくれるか

駐車場の確保台数が多ければ多いほど、収益を上げる機会が多くなりますが、狭くなってしまうと、大型車の利用者が使う機会がなくなってしまい、結果として稼働率が低くなる恐れがあります。その土地に適切な区画割りができる業者に依頼をしましょう。

  • すでにある駐車場は綺麗に運営されているか

多くの専門業者は、すでに複数の駐車場の管理運営を行なっています。その駐車場を実際に見に行って、綺麗に保たれているか、雑になっていないかを確認しましょう。どれだけ、専門業者が丁寧に管理しているのかを知ることができます。

  • 月極の場合は仲介手数料を取らない業者か

もし、月極駐車場を経営する場合、利用者の募集に対して、仲介手数料がない、もしくは安い専門業者を選定することで、費用負担を少しでも減らすことができます。

自分で経営と管理をする場合

コインパーキングや駐車場の経営を業者に委託しなかった場合、管理を委託する場合と比較して、当然するべきことは増えてきます。こちらでは、個人でコインパーキングや駐車場を経営する際に、注意するべきポイントと、おすすめの管理方法についてご紹介しましょう。

個人経営で注意するべきポイント

個人経営の際に注意するべきポイントは、立地や状況によって稼働率が下がらないようにすることです。一括借上げなどとは違い、個人経営の場合は稼働率次第で得られる収入は大きく変動します。大手のコインパーキングや駐車場が近くにできてしまうと、稼働率が大幅に下がる可能性は非常に高くなるので、それに対抗するための手段が必要となります。また、基本的な業務である駐車場の清掃や利用者からの問い合わせ、機器のトラブルなどにも、すぐに対応できるようなライフスタイルを整えなければなりません。

おすすめの管理方法

個人経営の場合は、コインパーキングや駐車場を家から近い場所に作るということが基本です。家から遠いとトラブルの際にすぐに対応できなくなる上、日々の管理業務も大変です。さらに管理を簡単にしようとした場合、運営は個人で行い、集金や清掃などの業務だけを管理会社に委託するという方法もあります。

自分で経営管理をした時と、業者に依頼した時の収入の差

個人で経営をすると、利用者が支払った金額が全て経営者の収入となります。このように考えると、業者に依頼した時よりもかなり収入が多くなりそうですが、実際に、個人経営と業者に経営を依頼した場合では、どのくらい収入に差が現れるのでしょうか。

コインパーキングでの収入の違い

まず、コインパーキングを5台分持っていて、1時間600円の駐車料金と仮定して計算してみます。管理委託料は10%、一括借上げの場合は賃料として80%を受け取るとします。

稼働率100% 稼働率80% 稼働率50%
個人経営 72,000円 57,600円 36,000円
管理委託 64,800円 51,840円 32,400円
一括借上げ 57,600円 57,600円 57,600円

コインパーキングの場合で考えていますが、月極駐車場でもほぼ同じような結果となるでしょう。個人経営の場合は、稼働率によって大きく収入が変わってしまうため、不安定さは拭えません。その点、一括借上げであれば、稼働率に関わらず収入が一定となるので、経営を依頼した場合でも収入に差はほとんどありません。その上、24時間営業で個人経営を行った場合、トラブルがあれば時間帯に関わらず対応をしなければならず、1日中時間に制約が掛けられることとなります。

お勧め3社を利用した時にかかる管理費比較

手数料 管理費 サービス
エイブルパーキング 0円 0円 ・希望に合わせてプランを作成
・提案
・事業の運営
・管理全般
・機器の設置とメンテナンス
・24時間体制でクレーム対応
・24時間体制でトラブル対応
・駐車場清掃
三井のリパーク 0円 0円 ・事業の運営・管理全般
・機器の設置とメンテナンス
・オンラインで空車情報をリアルタイム配信
・情報分析により適正料金の設定
・24時間体制のコールセンター
タイムズ24株式会社 0円 0円 ・事業の運営
・管理全般
・機器の設置とメンテナンス
・週1回以上の集金
・清掃
・駐車場業のための届け出
・申請手続き
・不正駐車・不法投棄の処理

駐車場管理を委託する時にお勧めできる3社は、全て手数料や管理費などは必要なく、初期費用とランニングコストが掛からないという点では同じです。

ですが、そのサービス内容には少しずつ差があり、「エイブルパーキング」では、現在活用できていない駐車場に対するプランの作成や、売上アップの提案を行ってくれるところが特徴的でしょう。

また、「三井のリパーク」では、公式サイト上の駐車場情報に、リアルタイムで空車情報が表示され、稼働率アップを期待できそうです。「タイムズ24株式会社」は、行政への届け出や申請の手続きも行ってくれるので、知識がない方でも安心です。

 
資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト