資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

車

車

車

空 満

エイブルパーキング

三井のリパーク

タイムズ24株式会社

3選

資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

【選出基準】
不動産業を母体とし、駐車場経営後の土地活用も提案ができる専属担当者が付くエイブル。
※1…情報参照元:エイブルパーキング公式HP(http://www.ableparking.co.jp/katsuyo/
駐車場にするのが難しい土地でも収益化できる駐輪場の管理運営台数が43,000台以上で最も多い三井のリパーク。
※2…情報参照元:三井のリパーク公式HP(https://www.repark.jp/parking_owner/type/
業界シェア84.1%(※3)で知名度抜群のタイムズ24を選出。
※3…情報参照元:業界動向サーチ(https://gyokai-search.com/3-parking.html)
【表の見方】
対応力と信頼度のバロメーターは下記の各対応項目を1点として計算しています。
対応力項目:【一括借り上げ対応】【駐輪場対応】【グループ会社からのサポート】【24時間トラブル対応】【1か月以内の事業開始対応】
信頼度項目:【資本金一億円以上の会社またはそのグループ会社】【 公式HPに全国での運営実績が記載】【3年連続売上プラス成長(※4)】【資本金5千万以上】【創業年数10年以上】※4…2018-2020の各社の年度営業売り上げ÷前年度営業売り上げで算出
資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト » 駐車場経営で儲けるための基礎知識 » 駐車場経営で失敗する理由

駐車場経営で失敗する理由

土地があるから駐車場経営を考えているという方はいらっしゃいませんか?駐車場経営では、思わぬリスクがある場合があることをご存じでしょうか?この記事では、駐車場経営で、失敗してしまうパターンと、失敗しないための方法を詳しく解説していきます。

駐車場経営の失敗は大きく2パターンある

想定通りの収入が得られない

駐車場経営で失敗するパターンの1つに「想定通りの収入が得られない」ことがあります。駐車場の立地は良くても、運転手にとって、利用しやすい駐車場になるか考えてみましょう。

入り口が入りにくかったり、駐車スペースが狭かったりしてしまうと、利用しにくいです。また、近くに料金の安い駐車場ができてしまうことにより、お客様が流れてしまうなんてことも考えられます。

想定より支出が高い

もうひとつの失敗するパターンで「想定より支出が高くかかってしまう」ことが考えられます。駐車場スペース内での利用者同士のトラブル、放置車両の撤去工賃、災害などによる修繕費などが重なってしまうことにより赤字になってしまうことが挙げられます。

月々の管理費用だけではなく、急な出費にも対応できるよう修繕費などは別にためておく必要があります。想定外の支出に対応できるよう日頃の資金管理をしっかりしておきましょう。

駐車場経営で失敗するよくある理由

需要がない、利用する人がいない

駐車場経営は立地条件が良くないと成り立ちません。例えば、「施設や店舗を利用したいが、駐車スペースが限られた土地柄が多いので、駐車場を経営すれば利用者が多く見込める」「アパートが多い地域で、車を多く利用している」などが考えられるでしょう。

反対に、車通りが多い通りだとしても、入りにくかったり、駐車しにくい立地だったりすると利用者の足は遠のいてしまい集客が難しくなるでしょう。駐車場を利用したい人がどのくらいいるのか事前に調査する必要があります。

料金設定が高い

都心部や人気の高いエリアでは、駐車場が密集しているケースがあります。駐車場を利用したい人にとっては、できるだけ料金の安い駐車場を利用したいというのが本望でしょう。

その場合、他の駐車場よりも高い料金設定にしてしまうと、利用者から「料金が高い駐車場」のイメージがついてしまい、集客が見込めなくなってしまいます。事前に駐車場周辺の料金相場を調査しておき、適切な料金設定に設定しておきましょう。

空車を想定したシミュレーションができていなかった

駐車場は常に満車になるとは限りません。時間帯や曜日によって利用率が変わる場所もあるため、注意しましょう。もし、満車の状態が常に続いていると想定してのシミュレーションしかしておらず、ふたを開けてみたら空車の時間帯が多くて収益につながらないということもあり得ます。空車率を加味したシミュレーションを行っておきましょう。

管理を依頼した会社の対応が悪い

管理会社の管理がずさんだと、トラブルを招いてしまいます。一般的な清掃やクレーム対応などは、管理会社が委託されて業務を行ってくれます。良い管理会社に業務を委託した場合は、適切な対応や細やかな清掃を行ってくれるので、きれいな状態で駐車場を維持できるでしょう。

しかし、管理がずさんな管理会社にあたってしまった場合、機器のメンテナンス不備や、清掃がきちんと行われていないなどのクレームが多く、トラブル対処に追われてしまうでしょう。管理会社はしっかりと実績と評判を加味した選び方を行った方が、後のトラブル回避にも繋がります。

近くにもっと安い駐車場ができてしまった

自分の経営する駐車場の近くにもっと安い駐車場ができてしまった場合は、特に注意が必要です。駐車場を利用したいと思う土地周辺には、他にも駐車場ができる可能性があります。もし、周辺に料金の安い駐車場ができてしまった場合、料金を下げる必要があります。

しかし、単に料金を下げてしまうと、今度は赤字になってしまう可能性があるので、時間帯や利用時間によって料金を変えるなどの戦略が必要でしょう。案に単価を変えるのではなく、自分の駐車場では、どのようにしたら利益が上がるのか考えて対応しましょう。

レイアウトが悪く駐車しづらい

駐車場経営は、小さな土地でも始められるメリットがあるため、土地を利用したいと考えている人なら始めやすい事業です。しかし、せっかく駐車場を作っても利用しにくい場所だったらあまり集客は見込めません。駐車場スペースが狭かったり、入りにくかったりすると、運転手にとって停めにくい駐車場という認識になってしまいます。

近くに同じような駐車場がある場合、そちらにお客が流れてしまうことが考えられるでしょう。駐車場を経営する場合は、レイアウトや停めやすさを加味して作りましょう。

税金の負担を考えられていなかった

駐車場経営は、年間の収益だけではなく、税金がかかることを忘れてはいけません。駐車場経営には「固定資産税」の他に、「所得税」がかかります。また、開発対象区域に指定された地域で駐車場経営を行う場合、「都市計画税」もかかることを念頭においておきましょう。都市計画税は、固定資産税評価額の0.3%に相当します。

これらの税金がかかることを忘れてしまうと、あとで納税通知書が来た時に驚いてしまい、結果的に赤字になってしまったなんてケースも考えられます。初期費用や管理費の他にも税金を納める額まで収益が見込めるかしっかりと把握しておきましょう。

【まとめ】駐車場経営で失敗しないためには

駐車場経営は、土地活用をしたいと考えている人にとって、初期コストが低く、素人でも行いやすい方法といえます。しかし、土地があるからという理由で、駐車場経営を始めてしまうと、思ったより利用客が見込めず赤字になってしまったというケースもあるので、注意が必要です。駐車場経営を失敗しないためには、その土地に利用者が見込めるのか?周囲に駐車場はないか?入りやすさや停めやすさはどうか?などしっかりした事前調査が必要です。

自分では判断がつきにくい場合は、専門家や業者に相談し自分に合った経営を探していくのが良いでしょう。

【免責事項】「資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト」で紹介している駐車場経営サポート会社の情報は、2014年5月時点のデータをもとにしています。参考にする場合は、公式サイトなどで必ず最新の情報をご確認ください。
資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト