資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

車

車

車

空 満

エイブルパーキング

三井のリパーク

タイムズ24株式会社

3選

資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト

【選出基準】不動産業を母体とし、駐車場経営以外の土地活用提案ができるエイブル、難しい土地でも活用できる駐輪場の管理運営台数が最も多い三井のリパーク、業界シェア84.1%(※1)で知名度抜群のタイムズ24を選出。※1…情報参照元:業界動向サーチ(https://gyokai-search.com/3-parking.html)

【表の見方】
対応力と信頼度のバロメーターは下記の各対応項目を1点として計算しています。
対応力項目:【一括借り上げ対応】【駐輪場対応】【グループ会社からのサポート】【24時間トラブル対応】【1か月以内の事業開始対応】
信頼度項目:【大手(グループ会社)】【 全国での運営実績】【3年連続売上プラス成長(※2)】【資本金】【一括借り上げ】 ※2…2018-2020の各社の年度営業売り上げ÷前年度営業売り上げで算出
HOME » 駐車場経営サポート会社一覧【京都編】

駐車場経営サポート会社一覧【京都編】

エイブルパーキング

エイブルパーキングの母体は、不動産賃貸事業でお馴染みの大企業「エイブル」。パーキング事業に特化したグループ企業がエイブルパーキングになります。不動産賃貸業で獲得した多くのチャンネルがグループ内で融合され、利用者にメリットを提供できる仕組みが構築されているとのこと。また、駐車場設置・運営にかかる費用が0円という点も嬉しいですね。最短3週間で駐車場経営をスタートさせられるので、土地の活用方法がわからず持て余しているオーナーは必見です。

  • 京都の駐車場件数:コインパーキング9件
  • 駐車場設備設置費用:0円(アスファルト舗装費用以外全額負担)
  • 駐車場運営費:0円

ブーブーパーク

ブーブーパークは近畿を中心に500箇所以上を運営しているテクハンのパーキング事業です。ブーブーパークの特徴は、時代に合わせた新しいシステムを導入しているところ。駐車場を利用している方の要望を徹底的に調査し、その結果を落とし込んでいるのです。例えば、Wi-Fiやクレジットカード決済の導入、LED照明導入、24時間対応など。決して画一的ではない、1人ひとりに合った駐車場経営を提案しています。

  • 京都の駐車場件数:記載なし
  • 駐車場設備設置費用:0円(賃貸借方式の場合)
  • 駐車場運営費:記載なし

株式会社コンセプト

株式会社コンセプトは京都市内全域でコインパーキングを運営している会社です。土地の有効活用を目指して、一般の所有地や企業所有地にコインパーキングの設置を提案しています。株式会社コンセプトのパーキングの特徴は、月々の運営費がかからないこと。通常、パーキングを経営するとなると清掃費や電気代などがかかってきますが、それらはすべて不要。土地の一括借上システムなので、毎月決まった賃料が入ります。また、見回りや機器のメンテナンス、顧客問い合わせ対応など、管理面も全て代行してくれます。

  • 京都の駐車場件数:コインパーキング895件、月極124件
  • 駐車場設備設置費用:記載なし
  • 駐車場運営費:0円

アパルトマンイクシーズ

アパルトマンイクシーズは、「タイムパーキング」というコインパーキングを運営している会社です。管理面において、オーナーと駐車場利用客の両方からの評判が良好。いつもキレイに管理されていて停めやすいと人気です。アパルトマンイクシーズの特筆すべき点は、コインパーキングとレンタルボックスを併用できること。コインパーキングの稼働率を100%にするのは、正直難しいのが現実です。レンタルボックスを併設することで利用率を高められる可能性があります。

  • 京都の駐車場件数:記載なし
  • 駐車場設備設置費用:0円
  • 駐車場運営費:記載なし

BooBooPARK

昨今、コインパーキングも進化しています。それは時代に合わせてコインパーキングに求められていることも変化しているからに他なりません。BooBooPARKでは、クリーンをキープしながら新しいサービスを次々導入。例えば、楽天ポイントの導入やGoogle Mapへの掲載、Wi-fi導入など、時代に会ったパーキング作りをしています。また、売り上げデータなどの遠隔管理はオーナーにとって役立つもの。運営方法も一括借り上げ(賃貸借)方式、自主運営方式、共同運営方式、機器持ち込み管理方式の4タイプからあななたが理想とするものを選べます。

  • 京都の駐車場件数:記載なし
  • 駐車場設備設置費用:一括借上げ方式の場合0円
  • 駐車場運営費:一括借上げ方式の場合0円

京都の駐車場経営事情

駐車場経営と言えば、「月極駐車場」と「コインパーキング」の2種類が主流です。京都で駐車場経営を行うにあたり、どちらのほうがより高い収益が見込めるのか計算してみました。

駐車場経営シミュレーション【20台収容の場合】

  • 月極め駐車場…月額平均使用料金は1万9,000円
  • コインパーキング…1時間平均600円

月極駐車場の場合、1台あたりの月額賃料を1万9,000円で計算すると、20台契約の場合、月38万円の固定収入が発生することになります。

一方コインパーキングの場合は、20台分の駐車スペースがすべての時間に満車で稼働している場合は下記の計算式になります。

  • 1時間600円×24時間=14,400円/台
  • 24時間14,400円×20台=28万8,000円/日
  • 1日28万8,000円×1か月(30日)=864万円/月

しかし、現実としてコインパーキングが毎日フル稼働することは難しく、実際には半分から3分の1程度の稼働となることが想定されます。かつ、コインパーキングを運用するエリアにもよりますが、半分から3分の1程度の稼働でも1か月あたり約250万~450万円の収入が見込める計算となります。

 
【免責事項】「資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト」で紹介している駐車場経営サポート会社の情報は、2014年5月時点のデータをもとにしています。参考にする場合は、公式サイトなどで必ず最新の情報をご確認ください。
資金0円で始める駐車場経営で安定収入サイト